自分で条件つきコンパイルの条件を作りたい

条件付きコンパイル

Xojo では、ある条件に当てはまる場合にのみコードをコンパイルする「条件付きコンパイル」機能があります。例えば、Windows と MacOS で使用するコードを変えたい場合には以下のような「#」で始まる「ディレクティブ」を書きます。

#if TargetWindows then

// Windows のみで有効になるコードをここに書きます
// 例えばタスクトレイの処理など…

#elseif TargetMacOS then

// MacOS のみで有効になるコードをここに書きます
// 例えば Dock の処理など…

#endif

自分の条件で条件付きコンパイル

デバッグのときのみ、プラットフォームの違いなど、特定のコンパイル条件は Xojo で用意されていますが、 自分でコンパイルの条件を設定したい場合もあります。例えば、いくつものプロジェクトで共通の外部ファイルを参照している場合で、特定のプロジェクトからの呼び出された時のみコンパイルをしたい、などの場合です。

自分の条件での条件付きコンパイルには、自分で Boolean 型の定数を定義して、その変数名をそのまま条件付きコンパイルのための条件として使用することで、その機能を実現できます。

Const MyCondition = True

#if MyCondition then
// ここはコンパイルします ( True なので )
#else
// ここはコンパイルしません
#endif

定数はメソッド内、Window 内、App 内のどこにでも設定することができます。詳しくはサンプルプロジェクトをご参考になさってください。

参考

デベロッパーセンター:条件付きコンパイルの解説
サンプルプロジェクト:ダウンロード